成分

学校など大勢での団体行動をする時に花粉症のせいでクラスメイトと同様に楽しく走り回れないのは、患者さんにとっても悲しい事でしょう。
脂肪過多に陥っている肥満はもちろんあくまで食生活の質や運動不足などが主因ですが、一緒の量のごはんであっても、短時間で食べ終わる「早食い」をすることによって肥満の状態を招きます。
ジェネリック医薬品(generic drug)というものは新薬の特許が切れてしまった後に販売され、新薬とまったく同じ成分で金銭的な自己負担が小さくて済む(クスリの価格が安い)後発医薬品のことを指しています。 Continue reading “成分”

季節性

細菌の感染によって起こる急性中耳炎は、最も症例の多い中耳炎で比較的子供によく起こる病気です。強い耳痛や38度以上の熱、鼓膜の炎症、耳漏(みみだれ)などのいろいろな症状が発生します。
通行中の衝突事故や屋根からの転落など、とても強い外力が体にかかった場合は、複数の位置に骨折が発生してしまったり、開放骨折に至ったり、更には臓器が負傷することもあり得ます。
流行性感冒とも呼ばれるインフルエンザに対応した効果的な予防法や医師による治療といった類の必須とされる対処策というものは、季節性のインフルエンザでも新型のインフルエンザであってもほとんど変わりません。 Continue reading “季節性”

エネルギー

「肝機能の減衰」については、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)など3種類の数値で診ることができますが、ここ数年で肝機能が落ちている日本人がだんだん増えているとの報告がありました。 Continue reading “エネルギー”

結果的

うす暗い場所では光量が足りなくて物が見づらくなりますが、より瞳孔が開くので、目のレンズのピントを合わせるのに多くの力が使われてしまい、結果的に光の入る場所でものを見るより疲れるのが早くなるのです。 Continue reading “結果的”

発疹

食中毒を起こすことで知られるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」という意味)はグラム陽性球菌であり、大別すると毒素の強力な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…staphylo-は「ブドウの房」の意)と一方は毒素が強くないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2つになります。 Continue reading “発疹”

酷い時

通常ならば骨折はしない位のごく小さな力でも、骨の狭い個所に何度も繰り返して継続的にかかることによって、骨折へとつながることもあります。
バイク事故や山での転落事故など、非常に大きな負荷が身体にかかった場合は、複数のポイントに骨折がもたらされたり、骨が外部に露出する開放骨折となったり、酷い時は臓器が負傷することも考えられます。 Continue reading “酷い時”

併発

万が一検査でやはり卵胞ホルモン・黄体ホルモンの分泌量が基準値を下回っており早発閉経(early menopause)と判明した場合は、不十分な女性ホルモンを補填する医術で改善が期待できます。
BMIを求める計算式はどこの国も共通ですが、値の位置づけは国によってそれぞれ少しずつ違っていて、JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY(JASSO)ではBMI値22が標準、BMI25以上の場合は肥満、18.5未満は低体重と定めています。 Continue reading “併発”

地獄

巧いことを言って勧誘の声をかけてくる闇金に手を出してしまうと、無限に利子が増え続けて、返済しても返済しても完済する事が不可能な借金地獄の犠牲となり、大事な家族或いは職場を失うというケースも珍しいことではないのです。 Continue reading “地獄”