腹痛

トコトリエノールの作用の中では酸化を防ぐ効果が一段と認識されていると思いますが、他にも肌をきれいに保つ作用や、血清コレステロールの産生を抑えることが認められています。
体脂肪の量(somatic fat volume)に変動が無いのに、体重だけが食物の摂取や排尿等で一時的に増減する場合は、体重が増えた人は体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低くなり、体重が減った人は体脂肪率が上がることがわかっています。
消化器科の領域である急性腸炎は、ほとんどの場合腹痛・吐き気・嘔吐・下痢の症状が出る程度で治まりますが、細菌感染による急性腸炎の場合は相当ひどい腹痛・長引く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・下痢と一緒に38度以上の高熱も出るのが違いだといえます。
悪性の腫瘍である女性の卵巣がんは、本来、身体をガンから保護する役目を果たす物質を作り出すための型ともいえる遺伝子が異常をきたすことで発病してしまう病気です。
我が国における結核対策は、1951年に生まれた「結核予防法」にならう形で進行されてきましたが、半世紀が経過した2007年からこれ以外の感染症と一まとめにして「感染症法」という名称の法律に基づいて遂行される運びとなったのです。
通常の場合は骨折に至らない程度のごく僅かな力でも、骨の限られた部分に何度も繰り返して続けて力が加わることにより、骨が折れてしまうことがあるので注意が必要です。
陰金田虫とは、医学的には股部白癬(こぶはくせん)という病名を持ち、かびの一種の白癬菌が股部、陰嚢(いんのう)、お尻などの部分に感染してしまい、定着した病気であり即ち水虫です。
杉花粉が飛散する季節に、乳幼児が体温は異常ないのに頻繁にくしゃみしたりサラサラした鼻みずが止まないような状態なら、杉花粉症の恐れがあります。
20才代、30才代で更年期が訪れるとすれば、医学的な言葉で表すと「早発閉経(POF)」という女性疾患に当てはまります(我が国では40歳以下の女の人が閉経することを「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」と定義付けています)。
ジェネリック医薬品というのは新薬の特許が失効した後に販売され、等しい成分で経済的な自己負担が小さくて済む(代金が高くない)後発医薬品のことを意味しています。
不整脈の中でも期外収縮は、健康な人にも症状が見られることがあるので難しい重病とは限りませんが、例えば発作が継続して起こるケースは危険だといえるでしょう。
「肝臓の機能の低下」については、血液検査項目のGOTやGPT、γ-GTP(ガンマGTP)など3種類の数値でモニタリングできますが、特にここ2、3年肝機能が悪くなっている人の数が微増しているということが危険視されています。
ハーバード医科大学(HMS)の研究によると、通常のコーヒーと比較して毎日2カップ以上はデカフェコーヒーで代用すると、なんと直腸がんの発病リスクを約半分も減らせたらしい。
もしも血液検査で危惧していた通り卵胞ホルモンなどの分泌量が基準値を下回っており早発閉経(早期閉経)だと判明した場合、基準値に満たない女性ホルモンを足すような治療方法で緩和が期待できます。
基礎代謝というものは人間が横になっていても燃焼するエネルギーのことで、大半を全身の様々な筋肉・一番大きな臓器である肝臓・脳の3つが消費していると言われているようです。