結果的

うす暗い場所では光量が足りなくて物が見づらくなりますが、より瞳孔が開くので、目のレンズのピントを合わせるのに多くの力が使われてしまい、結果的に光の入る場所でものを見るより疲れるのが早くなるのです。
杉の花粉が飛ぶ3月前後に、小児が体温はいつも通りなのにクシャミやサラサラした鼻水が止まないような状況だったなら、もしかすると杉花粉症の恐れがあるかもしれません。
高血圧(hypertension)の状態が長い間継続すると、血管に強いダメージがかかり、全身至る所の色々な血管にトラブルが生じて、合併症を誘引する割合が高まります。
春に患者が増える花粉症とは、山のスギや檜などの大量に放出される花粉が元凶となり、くしゃみ・目のかゆみ・頭重感・喉の痛み・鼻水などの辛くてゆううつなアレルギー症状を呈する病気として広く認識されています。
1回歯の表面を覆っている骨を脆くさせるほど放置してしまった歯周病は、あわよくば炎症そのものが安定することはあっても、無くなった骨が元通りに構築されることはないと言われているのが現状です。
肥満というのは当たり前のことながら食事の栄養バランスや運動不足が誘因ですが、内容量は変わらないごはんでも、せっかちに食べ終わる早食いをしていれば脂肪過多に陥っている肥満を招きやすくなると考えられています。
学校など集団行動をしている中で、花粉症が要因でクラスのみんなと一緒に楽しく動けないのは、当事者にとっても辛いことです。
汗疱(汗疱状湿疹)とは主に手の平や足の裏指と指の隙間などにプツプツとしたちっちゃな水疱が現れる病気で、一般にはあせもと言われており、足裏に現れると足水虫と間違うことが結構あります。
必要な栄養を網羅した食生活や体を動かすことは無論、心身双方の健康やビューティーのために、補助として色々なサプリメントを使用する事が珍しくなくなったようです。
下腹の痛みの元凶となる代表的な病には、大腸の壁が飛び出る大腸憩室症、尿管などに石ができる尿路結石症、大腸粘膜にびらんができる潰瘍性大腸炎、腹部の外傷で発症することもある急性腹膜炎、卵巣の疾患など、色々な部位の病気が挙げられるようです。
脚気(beriberi)の症状は、手先や足先が麻痺したり脚の著しいむくみなどが代表的で、症状が進行してしまうと、深刻な場合、呼吸困難に陥る心不全などをもたらす可能性があるようです。
最も大きな内臓である肝臓に中世脂質や食物由来コレステロールが付着した脂肪肝(fatty liver)は、肝硬変を筆頭に多様な健康障害の合併症の原因となる可能性が高いといわれています。
30才代で更年期になるとしたら、医学的な言葉で表現すると「早期閉経」という疾患を指します(この国では40才未満の女の人が閉経する症状を「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」と定義しています)。
AIDS(エイズ)というのはヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染により罹患するウイルス感染症の病名であって、免疫不全へと至って些細な真菌などが原因の日和見感染やがん等を発症する症候群そのものを指し示しています。
基礎代謝量(kcal)とは目覚めている覚醒状態で生命活動を維持していく(心臓、口や鼻からの呼吸、腎機能の動き、体温や筋肉の緊張の維持等)のに必要となる理論上の最小限のエネルギー消費量のことをこう呼んでいるのです。