発疹

食中毒を起こすことで知られるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」という意味)はグラム陽性球菌であり、大別すると毒素の強力な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…staphylo-は「ブドウの房」の意)と一方は毒素が強くないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2つになります。
脂漏性皮膚炎という病は皮脂分泌の異常によって起こる発疹で、分泌が異常をきたす因子としては男性ホルモンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンの不均衡やV.B.複合体の不足等が考えられているのです。
「とにかく時間がない」「うっとうしいお付き合いが多すぎる」「テクノロジーや情報のめざましい高度化に付いていくのが大変だ」など、ストレスを感じやすい因子は人によって異なるようです。
流感とも呼ばれるインフルエンザに適している効果的な予防法や医師による処置等のベーシックな対策自体は、それが例え季節性インフルエンザであっても未知なる新型のインフルエンザでも一緒なのです。
エイズというのはヒト免疫不全ウイルス(human immunodeficiency virus)の感染によって生じるウイルス感染症の病名であり、免疫不全を起こして健康体では感染しにくい病原体による日和見感染や悪性腫瘍等を複数発症する病状のことを称しているのです。
メタボであるとは断言されていなかったとしても、内臓の脂肪が蓄積しやすいような悪質な肥満症を持ってしまう事によって、色々な生活習慣病を招く可能性が高まります。
BMI(体重指数を算出する式はどの国でも同じですが、BMI値の評価は各国それぞれ違いがあって、日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI22が標準、BMI25以上の場合を肥満、BMI18.5未満を低体重としているのです。
上が140以上、下が90以上の高血圧がある程度続くと、全身の血管に大きな負荷がかかった結果、頭から足まで色々な血管にトラブルが起こって、合併症を誘発するリスクが高まるのです。
悪性腫瘍の一種である卵巣ガンは、普通、人体をガンから守る役目をする物質を生産するための型のような遺伝子の異常が引き金となり起こってしまうというのは周知の事実です。
体を維持するのに必要なエネルギーとしてすぐに役立つ糖、新陳代謝に必須のタンパク質など、無理な痩身ではこれらのような体調をキープするために外せない栄養素までも減少させてしまっている。
天然の化学物質、フィトケミカルの部類に入るイソチオシアネート類のスルフォラファン(sulforaphane)という化学物質が、肝臓が持つ解毒酵素の自然な発生を促しているかもしれないという新たな可能性が明らかになりました。
インキンタムシ(陰金田虫)とは、医学的に股部白癬(こぶはくせん)と言われている、白癬菌というカビの一種が陰嚢、股部、お尻などの部分に感染し、定着する感染症の事であり簡単に言うと水虫のことです。
ただの捻挫と勝手に自己判断して、湿布をして包帯やテーピングなどで動かないように固定し、様子をうかがうよりも、応急処置を終えたら迅速に整形外科を受診することが、早く根治させる近道となるのです。
普通なら骨折は起こさない位のごく僅かな圧力でも、骨の一定の個所に何度も切れ目なくかかってしまうことにより、骨折する事もあり得ます。
体脂肪の量には変動がなく、体重が食事・飲酒や排尿などによって短時間で増減する時、体重が増えれば体脂肪率(body fat percentage)は低下し、体重が減った人は体脂肪率が上がることがわかっています。