季節性

細菌の感染によって起こる急性中耳炎は、最も症例の多い中耳炎で比較的子供によく起こる病気です。強い耳痛や38度以上の熱、鼓膜の炎症、耳漏(みみだれ)などのいろいろな症状が発生します。
通行中の衝突事故や屋根からの転落など、とても強い外力が体にかかった場合は、複数の位置に骨折が発生してしまったり、開放骨折に至ったり、更には臓器が負傷することもあり得ます。
流行性感冒とも呼ばれるインフルエンザに対応した効果的な予防法や医師による治療といった類の必須とされる対処策というものは、季節性のインフルエンザでも新型のインフルエンザであってもほとんど変わりません。
高齢化が原因の耳の聞こえにくさではじわじわと聴力が低下するものの、大体において60歳を超えないと耳の衰えをしっかり自認できないものです。
ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、手先や足先がジンジンと痺れるような感覚があったり脚の著しい浮腫などが一般的で、症状が進行してしまうと、最も深刻なケースでは呼吸困難に至る心不全なども誘引することがあります。
最も大きな内臓である肝臓に中世脂質や食物由来コレステロールが蓄積した状態の脂肪肝(fatty liver)は、動脈硬化や狭心症に始まるいろんな疾病をもたらす可能性があるといわれています。
緊張性頭痛というのは仕事や勉強などでの肩凝り、首凝りが原因の最も一般的な慢性頭痛で、「頭を締め付けられるような強烈な痛み」「重いような頭痛」と表現されています。
脂溶性であるビタミンDは、カルシウムが吸収されるのを促進する性能で広く知られており、血液中のCa濃度を操作し、筋繊維の働きを調整したり、骨を作り出してくれます。
5-HT(セロトニン)神経は、自律神経をメンテナンスしたり痛みを防御し、色々な覚醒などを操っていて、鬱病の人は作用が弱体化していることが判明しているのだ。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)は睡眠中ではない覚醒状態で生命活動を維持する(心臓の鼓動、呼吸、腎臓の機能、体温や筋緊張の維持等)ために欠かせない最も小さいエネルギー消費量のことを指しています。
WHO(World Health Organization)は、身体に害を与えるUV-A波のデタラメな浴び過ぎは皮ふ病をもたらす可能性が高いとして、18歳以下の若者がファッション感覚で日サロ(日焼けサロン)を使う行為の禁止を強く世界中に求めています。
塩分と脂肪分の摂取過多をやめた上で無理のない運動に尽力し、ストレスを蓄積しすぎないような日常生活を続けることが狭心症を引き起こす動脈硬化を事前に防止する方法だといえます。
現在のオペ室には、レストルームや専用の器械室、手術準備室を設置し、オペ中にレントゲン撮影するためのX線装置を設置しておくか、側にX線用の専門室を併設しておくのが常識だ。
ハーバード大学医学部の研究によると、一般的なコーヒーと比較して1日あたり2カップよりも多くカフェインが90%以上除去されたコーヒーを飲用すれば、なんと直腸癌の発生率を約5割も減らせたらしい。
痩せるのが目的でカロリー摂取を抑える、食事を飛ばす、というような暮らしのスタイルが結果として栄養までもを不足させ、酷い冷え性を誘引する事は、何度も問題視されていることなのです。