分泌異常

基礎代謝(きそたいしゃ)というのは人間が何もしなくても使用してしまうエネルギーのことで、その5割以上を様々な筋肉・最も大きな内臓である肝臓・大量の糖質を必要とする脳の3種類で使っていると考えられているようです。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というのは皮脂の分泌異常が原因で起こる発疹・発赤で、皮脂分泌の異常の誘因としては男性ホルモンと女性ホルモンのバランスの崩れ、ビタミンBコンプレックスの慢性的な欠乏等が注目されているのです。
ポリフェノールで最も有名な特徴は水溶性のV.C.やV.E.などとは異なって、細胞間の水溶性の部分、脂溶性部分、ひいては細胞膜でも酸化を防ぐ作用があります。
脳内の5-HT神経は、自律神経のバランスを調整したり痛みの制圧、覚醒現象などを操っており、気分障害(鬱病)に罹患している方では動きが鈍くなってることが広く知られるようになった。
くしゃみ、鼻水、鼻詰まりに目のかゆみ・ゴロゴロする異物感などの花粉症の諸症状は、アレルギーの原因物質となる花粉の飛び散っている量に比例するかのように悪化してしまうという特性があるということが明らかになっています。
体脂肪の量(somatic fat volume)には変動がなく、体重だけが食事や排尿等により短時間で増減する時、体重が増加すると体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は下がり、体重が減少すると体脂肪率が高まります。
前触れもなく発症する急性腸炎は、大抵は腹痛・悪心・嘔吐・下痢の症状が出る程度ですが、細菌感染が原因の場合は激烈な腹痛・長引く悪心・繰り返す嘔吐・水下痢と一緒に38度以上の高熱も出るのが相違点だといえます。
男性だけにある前立腺という生殖器は活動や成長に雄性ホルモン(男性ホルモン)がとても大きく関わっており、前立腺に現れてしまった癌も同様に、アンドロゲン、すなわち男性ホルモンに影響されて成長してしまうのです。
日光を浴びると生成されるビタミンDは、カルシウムが吸収されるのを促すという特質が知られていて、血中のカルシウムの濃度を微調整し、筋肉の動き方を微調整したり、骨を作り出したりします。
耳の奥の構造は、外側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」に分類されますが、中耳の部分に細菌やウィルスが付着し、炎症がみられたり、液体が溜まる病気を中耳炎と言うのです。
いんきんたむしとは、医学的に股部白癬(こぶはくせん)と言われており、白癬菌が股部、陰嚢、お尻などの場所に何らかの理由でうつってしまい、定着してしまう病気であり即ち水虫です。
ブラッシングなどで、患者さんがセラピーアニマルのことをとても可愛らしいと感じることで「愛情のホルモン」ともいわれるオキトキシンが分泌された結果、ストレスを減らしたり癒しに結びついているのです。
エイズ(AIDS)とはHIV、すなわちヒト免疫不全ウイルスの感染によって罹患するウイルス感染症のことで、免疫不全へと至って些細な病原体が原因の日和見感染やがんなどを複数発病する病状そのものの事を総称しています。
昨今、若い世代で結核菌(けっかくきん)に抗える抵抗力、すなわち免疫力を保有しない人達が多くなっていることや、受診が遅れることが要因の集団感染(アウトブレイク)・院内感染が多くなっています。
収縮期血圧が140を超える高血圧が長期間続くと、血管に強い負荷がかかり、身体中至る所の様々な場所の血管に障害が生じて、合併症になる可能性が大きくなるのです。