ストレス

なんとなく「ストレス」というのは、「溜めてはいけないもの」「取り去るべき」ものと捉えがちですが、本当のところは、人は多少のストレスを感じているからこそ、生活することが可能になっているのです。
HIVを有している精液、血液、母乳、腟分泌液、唾液といったいたる所の体液が、乳飲み子や交渉相手などの粘膜部分や傷口に触れれば、HIV感染の危険性があります。
軽い捻挫だろうと決め込んで、包帯やテーピングテープなどで動かないように患部を固定し、そのまま様子を見るのではなく、応急処置をしたらただちに整形外科の医師に診察してもらうことが、根治への近道になるのです。
薄暗い所では光量不足によって見辛くなりますが、より瞳孔が開くので、水晶体のピントを合わせるのに余分なパワーがかかってしまい、光の入る所でモノを眺めるより疲れやすいです。
今時の病院のオペ室には、お手洗いや器械室、手術準備室を設けさせ、オペ中にレントゲン撮影できるX線装置を備え付けるか、近い所にX線のための専門室を用意しておくのが慣例となっている。
現在、比較的若い世代で結核菌に立ち向かう免疫、すなわち抵抗力を持たない人達の割合が高くなったことや、早合点のために診断が遅れることに縁る集団・院内感染(アウトブレイク)が増加しているようです。
乳幼児が受ける不活化ポリオワクチンは、代わり、平成24年9月1日から原則無料で接種できる定期接種となることによって、小児科などの医療機関で接種するというスケジュール管理の必要な個別接種
気分障害の一種であるうつ病は脳の中の神経伝達物質のセロトニンが不足し、気分の落ち込み、不眠、強い倦怠感、食欲不振、体重の減少、強い焦燥感、意欲の低下、そして重症の場合自殺企図などの危険な症状が2週間以上続きます。
欧米諸国おいては、新薬の特許が切れた約30日後には、市場のおよそ80%がジェネリック(ジェネリック医薬品)に取って代わるというクスリもあるほど、ジェネリックは先進国で知られているという現実があります。
耳の内部の構造は、耳殻側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」に分かれていますが、中耳の近くに様々なバイ菌やウィルスなどが付き、炎症になったり、液体が溜まる病を中耳炎と称しているのです。
30〜39才までの間に更年期が訪れたとすれば、医学的な言葉で表すと「早発閉経(POF)」という疾患のことを指します(この国の場合40才以下の女の人が閉経するケースを「早期閉経(premature menopause)」と定義付けています)。
男性の生殖器である前立腺は活動や成長にアンドロゲン、すなわち男性ホルモンがとても密に関連しており、前立腺に出現したがんも同様に、雄性ホルモンの働きによって肥大化します。
虚血性心疾患の心筋梗塞というのは心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化によって血管の内腔の幅が狭まって、血液の流れが停止し、酸素や大事な栄養を心筋まで届けられず、筋繊維自体が壊死するという重い病気です。
ピリドキサールには、様々なアミノ酸(Amino acid)をTCAサイクル(tricarboxylic acid cycle)と呼ばれるエネルギー源の利用に欠かせない重要な回路に組み込むため、それ以上に分解することを支える作用もあります。
食中毒を起こすことで知られるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」の意)は紫色に染色されるグラム陽性球菌で、大別すると毒力が非常に強い黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と毒素のあまりないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種が挙げられます。